主な取得資格 | 金沢医療事務専門学校 | 金沢で医療秘書・医療事務員を養成する専門学校。

 

 

主な取得資格

 

知識と技術の取得により更なるスキルアップを

 

一般財団法人 日本医療教育財団

医療事務技能審査試験

医療事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を審査し、証明することにより、医療事務職の職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。医療事務技能審査試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が付与されます。この称号は、診療報酬請求事務業務や窓口業務など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明するものです。

 

医事オペレータ技能認定試験

医事部門の業務の効率化、円滑化等から導入されたコンピュータ化は、医療界におけるIT化構想のもと、今後さらに進みます。そのため、医療機関では、医療事務に関するコンピューター操作に強い人材を重視する傾向にあります。医事オペレータ技能認定試験の合格者には「メディカルオペレータ」の称号が付与されます。この称号は、医事コンピュータの操作に関する知識と技能を備えていることを証明するものです。

 

調剤報酬請求事務技能認定試験

医療の質の向上を図る施策の一環として「医薬分業」が進むなか、保険薬局での請求事務業務が増大しています。こうしたニーズに対応するため、平成15年度より調剤報酬請求事務に関する教育訓練ガイドラインを策定し、当該認定事業を実施。請求事務処理技能に医療関連知識を加えることで、専門職としてのレベルの向上を図っています。

 

医師事務作業補助技能認定試験

医師事務作業補助者は、本来は医師の業務である診断書の文書や処方せんの作成、検査の予約などの業務を医師の指示のもと行う人のことを言い、いわゆる「医療事務」として知られているレセプト(診療報酬明細書)作成や医療機関の受付業務などとは異なります。医師事務作業補助技能認定試験の合格者には「ドクターズクラーク」の称号が付与されます。

 

 

中央職業能力開発協会

コンピュータサービス技能評価試験

実務作業を想定した試験内容で、仕事で活用できる能力を評価するため、即戦力の人材を育成、評価できます。「ワープロ部門」、「表計算部門」、「オフィスドキュメント部門」、「情報セキュリティ部門」、「データベース部門」、「PCドライビング部門」の6部門があります。

 

公益財団法人 実務技能検定協会

秘書技能検定 準1〜2級

企業に就職すると、どなたでも上司や先輩の仕事の補佐をするという秘書的業務にかかわることになります。つまり、社長秘書などといった限られた職種のかただけでなく、企業で働くOLの方々の職務内容を秘書技能という名称に集約し、一般事務職志望の女性ならば、どなたでも身につけていなければならない基本的な実務知識を問うのが、秘書技能検定です。

 

その他の取得できるライセンス

日商簿記検定2〜3級 サービス接遇検定2級 
イラストレータクリエイター能力認定試験 
フォトショップクリエイター能力認定試験